悩めるマイラーのために、JALカードの正しい選び方をご紹介します

マイルを貯めるなら、必ず持っておきたいのがJALカードです。JALカードで支払うと、100円=1マイル、特約店なら100円=2マイルを獲得することができます(ショッピングマイル・プレミアム:年会費2100円の場合)。

マイルを効率よく貯めるコツは、飛行機よりも利用機会が多い「身近なショッピング」を120%活用することです。現金払い主義の方以外は、クレジットカードや電子マネーで支払えるものは徹底利用しましょう。

毎日のお買い物や食事代はもちろん、電気・ガスなどの公共料金、電話・プロバイダーの通信費、NHK受信料、新聞代、ガソリン代、税金、病院の支払いなどもカードで行い、コンビニでの小額のお買い物には提携電子マネー(WAONほか)を利用すれば、意外なほどスムーズにマイルが貯まっていきます。

仮に月3万円程度をカードで支払った場合、3年間で1万マイルは軽く突破しますので、飛行機に搭乗する機会が全く無かったとしても、無料航空券に手が届く計算になります。

もう一つ見逃せないのが、JALカード会員だけにもらえるボーナスマイルです。最も一般的な「普通カード」でも、入会後の初搭乗で1000マイルがもらえるほか、毎年最初の搭乗時に1000マイル、さらに搭乗ごとに区間マイルの10%がプラスされます。これなら年に1度飛行機に乗るだけでも、一気にマイルを獲得できます。

貯めたマイルは1万2000マイルから特典航空券に交換できますが、さらにお得に使うなら、「ディスカウントマイルキャンペーン」が狙い目です。この期間なら、通常より少ないマイル数で特典航空券への交換が可能となります。

また、IC乗車券と電子マネー機能を兼ねた「JR東日本スイカ(Suica)」と「パスモ(PASMO)」へのオートチャージに対応したカードも発行されていますので、通勤時の利用料金をJALカードで支払ってマイルを貯めることができます。

「でも、JALカードは他業種との提携カードが多く、どれを持てばいいのかよくわからない」という声もよく耳にします。そこで、本サイトでは、主な種類とその特徴を解説しました。自分のライフスタイルに合った一枚を選んで、賢いマイラーになりましょう!

1位
JALカード (普通 / CLUB-A / CLUB-Aゴールド / ダイナーズ)
お買い物を中心にマイルを貯めたい方は普通カード、旅行や出張などで飛行機をご利用になる回数が多い方には、マイレージ付与以外にも国内主要空港のラウンジが使用でき、保険も充実しているワンランク上のカードがオススメです。
2位
JALカード Suica
カードでのショッピングも、Suica(スイカ)での乗車や買い物も、これ1枚でOK。JR東日本の駅で切符や定期券を購入すると、ビューポイントが加算され、これをマイルに交換できますので、通常のフライトだけでなく陸でもマイルがガンガン貯まります。
3位
JALカード OPクレジット
小田急百貨店やOdakyu OXストアなどの小田急ポイントサービス加盟店で買い物をすると、マイルと小田急ポイントがダブルで加算されます。小田急ポイントは、1ポイント→1円で買い物に利用できるほか、マイルにも交換が可能です!
4位
JALカード TOP&ClubQ
東急百貨店や東急ストア、東急ハンズなどで買い物をすると、通常のマイルだけでなく、マイルに交換できるポイントも加算されます。また、ネットショッピングでも通常店舗のお買い物と同様にポイントが付きます。
5位
学生専用JALカード navi
在学期間中は年会費が無料。22歳未満なら国内線普通運賃が最大約51%割引になる割引制度「スカイメイト」に自動登録されるほか、学生さん限定の特典が充実しています。

家族でマイルを合算できる「家族プログラム」が特典航空券への近道

親子や夫婦など、家族みんなのマイルを合算して使うことができるJALならではのお得なプログラムです。

例えば子供が5000マイル、父が1万5000マイル、母が1万マイルを持っている場合、合計3万マイルで2人分の東京-沖縄往復航空券に交換が可能となります。

プログラムへの加入条件は、家族全員がJALカード会員(18歳未満の場合はJMB会員)であることで、別途登録が必要となります。

マイルを使用する際には、家族プログラムに参加している全員のマイルのなかから、有効期限が近いマイルを順番に利用していきます。

>> 家族プログラムの詳細はコチラ

ツアーでも100%マイルが貯まる「ツアープレミアム」がお得です

対象割引運賃(JAL悟空、対象パッケージツアーなど)でJALグループ便に乗った場合、通常のフライトマイル(50~75%)に加えてツアープレミアムボーナスマイルが加算され、合計で区間マイルの100%が貯まる、というお得なプログラムです。

例えば、東京-ロンドン往復を包括旅行運賃で乗った場合、本来獲得できるのは、7464マイル(JAL普通カード会員の場合)ですが、ツアープレミアムに加入していれば、それだけで1万3684マイルが加算されます。2008年10月からは先得割引も対象となり、さらにマイルが貯まりやすくなりました。

2100円の年会費が必要ですが、東京-沖縄を1回往復すれば、もとは取れる計算ですので、年に1回でも旅行に行く方は加入しておくとよいでしょう。

なお、「JAL悟空」に比べて運賃が高額で、マイレージや上級会員向けに配られるアップグレードクーポンでビジネスクラスにアップグレード可能な「エコノミーセイバー」は対象外で、飛行マイルの70%積算のみとなります。

2倍のマイルが貯まる!特約店を活用しましょう

買い物や食事、旅行に出かける際は、できるだけJALカード特約店を利用しましょう。100円=2マイルと通常の2倍のマイルが貯まるからです(ショッピングマイル・プレミアム入会の場合)。

JALは国内、海外合わせて7000ヶ所以上のホテルと提携していますので、宿泊の際にカードを利用することでマイルを一気に貯めることが出来ます。特にJAL系列のホテルニッコーやJALワールドホテルズでは還元率が高くなっているのでおすすめです。

特約店はホテルのほかにも、デパートやレストラン、書店、ガソリンスタンドなどバラエティ豊か。全国に約3万9000店もあるので、公式サイトでチェックしておきましょう。

以下は利用機会が多いと思われる特約店の一例です。

書店…紀伊国屋書店(全国主要店舗)、ブックファースト(全店)、旭屋書店(一部店舗)、ビーケーワン(オンライン書店)
百貨店…大丸、プランタン銀座、丸井今井、岩田屋
ガソリンスタンド…ENEOS、JOMO(1リットル=3円引きとほぼ同じ効果)
国内レンタカー…トヨタ、日産、マツダ、オリックス、ジャパレンほか