スイスインターナショナルエアラインズの路線、航空券情報

エコノミークラスには業界最大級のパーソナルテレビが用意

9・11同時多発テロによる航空需要の低迷を受け2001年に経営破綻したスイスエアーのネットワークを継承する形で設立されました。設立の基盤となったのは、スイスエアーグループの欧州内路線のエアラインだったクロスエアーです。

グループ内で最も収益性が高かったクロスエアーによって新たに設立されたスイスインターナショナルエアラインズは、旧スイスエアーの路線のうち、需要の低い路線を運休、廃止し、ネットワークのスリム化を図りました。

日本路線は現在、成田~チューリッヒ路線が毎日運航されています。スイス最大の国際線の拠点であるチューリッヒ国際空港はヨーロッパのほぼ中央に位置しているため、ロンドン、パリなどの主要都市をはじめ、バルセロナ、マドリッド、ミラノなどの南ヨーロッパ、さらに東ヨーロッパやアフリカ方面への乗り継ぎの利便性が高いこともセールスポイントです。

ラウンジサービスは拠点のチューリッヒ国際空港に、「ファーストラウンジ」「セネターラウンジ」「ビジネスラウンジ」など計6つの専用ラウンジが設置されています。

マイレージプログラムはルフトハンザグループの「マイルズ アンド モア」です。スターアライアンスのメンバーとして、ポイント獲得の機会も特典の種類も豊富で、ANA国内線特定航空券も手に入ります。ファーストクラスは区間マイルの300%、ビジネスクラスは最大で区間マイルの200%など、上級クラスのポイント加算率が高いことも強みです。

公式HP スイスインターナショナルエアラインズ
ベース チューリッヒ空港
日本発着路線 成田発/チューリッヒ
機内クラス構成 ファースト(F) ビジネス(C) エコノミー(Y)
航空券の予約 JTB楽天トラベル

スイスインターナショナルエアラインズのマイレージ(マイル)プログラム

名称 マイルズ・アンド・モア(Miles&More)
特徴 2006年4月、SWISSのマイレージプログラムはルフトハンザ ドイツ航空の「マイルズ・アンド・モア(Miles & More)」 に統合されました。ヨーロッパ最大のマイレージプログラムで、自社運航便やスターアライアンス加盟航空会社をご利用された場合はもちろん、約20社のパートナー航空会社の運航便のご利用、提携先ホテルでの宿泊、レンタカーのご利用等の際にもマイルが加算されます。 貯まったマイルは無料航空券をはじめ、バラエティ豊かな特典と交換していただけます。
入会資格 2歳以上。入会金、会費は不要です。空港カウンター、搭乗した機内、インターネットで申し込むことができます。
1暦年以内に35,000マイル獲得でフリークエント トラベラー、130,000マイル獲得でセネター会員資格が得られます。なお、ドイツ在住以外の会員の方は100,000マイルでセネター会員の資格が得られます。
マイル加算方法 エコノミークラス:飛行距離および予約クラスに応じて50~150%を加算
ビジネスクラス:飛行距離の200%を加算
ファーストクラス:飛行距離の300%を加算
提携航空会社 マイルズ・アンド・モア利用航空会社
アドリア航空、エア ドロミティー、エアワン、オーストリア航空グループ、クロアチア航空、LOTポーランド航空、ルフトハンザ、ルフトハンザ プライベート ジェット、ルフトハンザ リージョナル、スイス インターナショナル エアラインズ

スターアライアンス加盟航空会社
エア カナダ、中国国際航空、ニュージーランド航空、全日空、アシアナ航空、オーストリア航空グループ、ブリティッシュ ミッドランド航空(bmi)、エジプト航空、LOTポーランド航空、ルフトハンザ、スカンジナビア航空(SAS)、上海航空、シンガポール航空、南アフリカ航空、スパンエア、スイス インターナショナル エアライン、TAPポルトガル航空、タイ国際航空、トルコ航空、ユナイテッド航空、USエアウェイズ

その他の提携航空会社
エーゲ航空、エアーアスタナ、エア インディア、マルタ航空、キンバーエ アー、ツィルス航空、コンドール、エチオピア航空、ジャットエアウェイズ、ルクスエア、メキシカーナ航空、カタール航空、TAM航空