スカンジナビア航空の路線、航空券情報

北欧三国が設立した北極圏ルートのパイオニア

スウェーデン、デンマーク、ノルウェーの北欧三国を代表するエアラインです。1946年に当時の3国のナショナルフラッグキャリア(ABA、DDL、DNL)の国際線が統合されて設立されたこのエアラインは、その後、統合前の3国それぞれのエアラインが、3:2:2の割合で所有、さらにそれぞれの国の政府がそのうちの50%を所有すると言う出資比率で合意され、以後、3国共同のエアラインとして現在に至っています。

独自の技術を駆使して北極圏ルートを開拓し日本への飛行時間を大幅に短縮しました。日本路線は現在、1980年代後半に開設されたストックホルム線が運休になっていますが、コペンハーゲン線はデイリー運航に拡大、全便がシベリア上空通過のノンストップ便となっています。拠点のコペンハーゲン空港からは、ストックホルムやオスロなどの北欧の主要都市は勿論、日本からの直行便が存在しない着たドイツやブリュッセルなどへの乗り継ぎも便利です。

日本路線は全便を、同社の長距離路線の主力機種であるエアバスA340-300を右脳しています。同機材には、ビジネスクラス「SAS Business」、プレミアムエコノミー「SAS Plus」、エコノミークラス「SAS Go」の3クラスが搭載されています。

世界最大のアライアンス「スターアライアンス」にも設立当初から積極的に関わっており、このアライアンスの欧州における主力エアラインの一つとなっています。

機内エンターテイメントでは、全座席に個人用モニターを設置しており、ビジネスクラス「SAS Business」、プレミアムエコノミー「SAS Plus」では、オンデマンド型式で映画やビデオ番組、オーディオ番組、ゲームなどが楽しめます。

スカンジナビア航空のマイレージプログラムは全世界に300万人以上の会員を誇る「ユーロボーナス」。「スターアライアンス」の加盟各社をはじめ、ホテルやレンタカーなど計80社以上の提携会社でマイルの加算が可能です。ビジネスクラスとプレミアムエコノミーは区間マイルの200%、エコノミークラスは割引運賃も含めて基本的に区間マイルの100%が加算されます。

公式HP スカンジナビア航空
ベース コペンハーゲン
日本発着路線 東京/コペンハーゲン
事前(予約)座席指定 ビジネスクラス=可、エコノミークラス(普通運賃=可、ゾーンペックス航空券=可、ツアー用航空券=可)
機内クラス構成 ビジネスクラス(C)、エコノミーエクストラ(Y)、エコノミークラス(M)
航空券の予約 JTB楽天トラベル

スカンジナビア航空のマイレージ(マイル)プログラム

名称 ユーロボーナス
特徴 スカンジナビア航空のフライトや提携ホテルの宿泊でポイントが加算されます。獲得したポイントは航空券、提携会社の特典に交換することができます。 。
入会資格 誰でもメンバーになることができます。会費は無料です。申し込みはインターネットから行ないます。
マイル加算方法 ビジネスクラス:飛行マイル数の200%を加算
エコノミーエクストラ:飛行マイル数の150%を加算
エコノミークラス:飛行マイル数の100%(予約クラスM,H,Q,V)または25%(同W,U,K,L,T,G)を加算