路線変更の自由、座先確保も優位だが、コスト高がネックの正規運賃航空券

海外出張なら使いたいが、自腹では嫌(笑)

IATA(国際航空運送協会)が決定した正規運賃(定価)の航空券のことです。航空会社の組み合わせなどに制限がなく、出発後に現地で航空会社やルールの変更、代金払い戻しなど自由度が高いのが特徴です。また、座席の確保も優位となります。

ただし、各種割引航空券に比べて一番コストが高くなります。価格はIATAの協定によって決まっていますので、加盟する航空会社ならどれを選んでもチケットの料金は同じです。

エコノミークラスの正規運賃には、出発地と目的地を単純に往復する「Y2」と複雑なルートも可能な「Y」の2種類があり、「Y2」の方が安価になっています。

燃油サーチャージが大幅値下げ! 海外航空券の比較なら楽天トラベル