大韓航空の路線、航空券情報

韓国を代表するエアライン

韓国を代表する航空会社である大韓航空は、日本では15都市の16空港に乗り入れを行っています(2路線は運休中)。ソウルからの世界各国への乗り継ぎが大変充実しており、世界の主要都市は勿論、日本からの直行便がないブーケットやチェンマイ、フィジー、カトマンズ、マドリッド、ナイロビ、ラスベガス、ロンドン(ガトウィック、サンパウロなどへアクセスが可能となっています。)

日本路線は、成田、関西を軸に、北は北海道、南は鹿児島まで、全国に広がっています。韓国側のデスティネーションもソウルはもとより、釜山、済州島などに広がり、季節や需要動向によっては光州などへの直行便が設定されることもあります。

ソウル線が多いと思われがちな地方発着の韓国線ですが、大韓航空の場合、長崎~済州島線のように、観光需要を意識し、地方空港からソウル以外へ直行便を就航させているのも特色のひとつです。2005年末の日韓航空協議で新千歳~釜山線など新たに4路線の開設が認められたこともあり、今後、日本路線の拡大も期待されています。

成田・関西・中部・福岡の各空港には、上級クラスの利用者とマイレージの一部上級会員などが利用できる専用の「KALラウンジ」があり、軽い飲食、無料のLANサービスなどが用意されています。

大韓航空はデルタ航空エールフランス航空などとともに設立メンバーとして「スカイチーム」を立ち上げました。参加各社とコードシェアリングを行う一方、日本路線では「ワンワールド」に加盟しているJALともコードシェアリングを行いました。現在、成田~ソウル(仁川)・釜山、羽田~ソウル(金浦)、関西~ソウル(金浦)の各路線で、JAL機材に大韓航空の便名を付けたコードシェア便を運航しています。

大韓航空の機内食はその水準の高さに定評があり、機内食の最高栄誉とされる「マーキュリー賞金賞」を2回受賞しています。日本路線の登場時間は短いものの、全クラスでホットミールが提供されます。上級クラスではビビンバをはじめとした韓国の家庭料理もメニューに加わります。

公式HP 大韓航空
ベース ソウル・仁川国際空港
日本発着路線 成田発/ソウル、釜山、済州島、ロサンゼルス
関空発/ソウル、釜山、済州島
名古屋発/ソウル、釜山、済州島
福岡発/ソウル、釜山
札幌発/ソウル
青森発/ソウル
秋田発/ソウル
新潟発/ソウル
羽田発/ソウル(金浦空港)
広島発/ソウル
小松発/ソウル
岡山発/ソウル
大分発/ソウル
鹿児島発/ソウル
長崎発/ソウル
事前(予約)座席指定 普通運賃=不可、ゾーンペックス=不可、ツアー用航空券=不可、格安航空券=不可
ただし、大韓航空のホームページからで購入した航空券は、クラスに関係なくホームページ上で座席指定が可能です。
機内クラス構成 ファーストクラス(F) ビジネスクラス(C) エコノミークラス(Y)
航空券の予約 JTB楽天トラベル

大韓航空のマイレージ(マイル)プログラム

名称 スカイパス(SKYPASS)
特徴 大韓航空での旅行のほか、提携航空会社やホテル、レンタカー クレジットカードの利用でマイレージを獲得することができます。スカイチーム加盟航空会社およびその他提携航空会社(ベトナム航空およびエミレーツ航空)運航による旅行で使うことができます。
入会資格 12歳以上(12歳未満のお子様はスカイパスジュニアメンバーに登録)。年会費は必要ありません。
マイル加算方法 プレミアムファーストクラス:165%
ファーストクラス:150%
プレスティージクラス:125%
エコノミークラス:100%
ただし、無料航空券、スカイパス特典航空券、50%以上の割引価格にて購入された航空券(幼児用航空券など)で購入した航空券はマイレージ加算の対象となりません。
KALホテル(済州・西帰浦)、ウィルシャーグランドホテル、ロッテホテルなどの提携ホテルやレンタカーの利用でもマイルが加算されます。
提携航空会社 スカイチーム加盟各社
デルタ航空、エールフランス航空、アエロメヒコ航空、アリタリア航空、KLMオランダ航空、ノースウエスト航空、コンチネンタル航空、アエロフロートロシア航空、中国南方航空、エアーヨーロッパほか